制振ダンパー 制震装置 木造住宅用MERシステム|耐震・免震

共振地震の揺れの周期と建物の固有周期(建物が1回揺れる時間)が一致することにより建物の揺れは増幅されます。
このことを、共振現象と言います。
建物によって固有周期が異なることをご存知ですか?





スリップ挙動により2階が大きく揺れている様子震度7で倒れなかったから大丈夫!?
ニュースなどで、1回目の地震では倒れなかったのに、2回目の地震の後に、建物が大きく崩れた様子を見たことがあるのではないでしょうか。
これが、スリップ挙動によるものなのです。






大地震は起こるのでしょうか私たちが今後建築する建物が、大地震に遭遇する確率はどの程度あるのでしょうか。
文部科学省の特別の機関である『地震調査研究推進本部』から、大地震の発生確率が発表されています。







地震とは地球上には多くのプレートがあり、様々な動きをしています。
こうしたプレートの運動により、プレート同士が接する場所には徐々に歪が生じます。プレートが歪に耐え切れなくなると、歪を解消しようとして急激にプレートが動き地震が発生します。







建物倒壊のメカニズム阪神大震災で亡くなった人の8割以上は建物の倒壊などによる圧死が原因とされています。いつ大地震が来ても大丈夫なように、建物の耐震性を高めておくことが重要です。

地震が建物に与える脅威は「強い揺れ」「繰り返す揺れ」「共振現象」の3つです。これからその3つについて説明していきます。







耐震・制震・免震地震対策には「耐震」「制震」「免震」の3つの方法があります。
「耐震」とは地震に耐えること、「制震」とは地震の揺れを抑えること、「免震」とは地盤の揺れを建物に伝えにくくすることです。ここではそれぞれの特徴を詳しく説明していきます。







耐震性能と耐震基準既存の建物では建築された時期によって耐震性能が変わります。
これは新築する際の耐震基準が、大地震を経験するごとに見直されてきたためで、
建築された年代が新しいほど高い基準をクリアーするように建てられています。



イベント情報

新着ニュース/イベント
の日程/会場をご紹介

お問い合わせ・資料請求

詳しい資料をお届します お気軽にお問合せください。

WEB資料ダウンロード

パンフレットや施工手順書がダウンロードできます

facebook

Facebook で最新情報を
共有できます。

関連リンク

グループ会社ご紹介

資料ダウンロード

パンフレットのサンプルがダウンロードできます