{SITENAME

MER Systemは「在来工法」「2×4工法(枠組壁工法)」をはじめとする、様々な木造工法に設置可能です。
新築や既築住宅、耐震改修時に筋交い等の耐力壁と合わせてご使用下さい。


延べ床面積20~40坪(2階建て)の使用本数は、必要となるMERシステムは10~12本が標準的です。
取付け位置は平面図、立面図で、設計マニュアルに基づき決定します。



通常(標準)の取り付け方

ブラケットにある8個のネジ穴のうち、6穴側を外側になるよう固定するのが標準です。


【施工の流れ】
1:墨付け
 ↓
2:梁(桁)へのビス止め
 ↓
3:柱(タテ枠)へのビス止め



1:墨付け

梁・柱から388mmの位置に取付基準線を描きます。
※910モジュールで105⾓角の柱であれば、􀀁墨付けを省省略略できる場合がございます





2:梁(桁)へのビス止め

取付し易い角度に傾けてビス止めします





3:柱(タテ枠)へのビス止め

1)梁(桁)への取付が完了後、􀀁シャフト側のブラケットを􀀁
柱(タテ枠)に取付けます。


2)シャフト越しにブラケット􀀁を柱(タテ枠)に取付けます



取付幅が狭い場合(準標準)の取り付け方

取付幅が狭い場合はブラケットにある6穴側を内側になるよう固定します。


【施工の流れ】
1:墨付け
 ↓
2:梁(桁)へのビス止め
 ↓
3:柱(タテ枠)へのビス止め



1:墨付け

狭小設置

・柱面(タテ枠)から366mmに墨付
2×4工法 、リフォーム􀀁、取付けスペースが狭い場合はこちらの方法で行ってください
※予めシャフト側のブラケットを180度度回転させます





2:梁(桁)へのビス止め

6穴側のブラケットを内側(柱側)へ向けて取付けします



3:柱(タテ枠)へのビス止め

1)梁(桁)への取付が完了後、􀀁シャフト側のブラケットを􀀁
柱(タテ枠)に取付けます。


2)シャフト越しにブラケット􀀁を柱(タテ枠)に取付けます




イベント情報

新着ニュース/イベント
の日程/会場をご紹介

お問い合わせ・資料請求

詳しい資料をお届します お気軽にお問合せください。

WEB資料ダウンロード

パンフレットや施工手順書がダウンロードできます

facebook

Facebook で最新情報を
共有できます。

関連リンク

グループ会社ご紹介

資料ダウンロード

パンフレットのサンプルがダウンロードできます